• トップ
  • 会長挨拶
  • プログラム
  • 日程表
  • 演題登録
  • 参加者へのご案内
  • 会場案内
  • 託児室・中継会場のご案内
  • お問合せ

演題登録

演題募集期間は終了いたしました
多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。

【演題登録開始】2019年2月20日 (水)
【演題募集締切】2019年3月20日 (水)3月27日(水)正午

応募方法

本ホームページよりオンライン登録を用いた応募となります。
第111回日本消化器病学会四国支部例会、第122回日本消化器内視鏡学会四国支部例会、それぞれ登録先が異なります。

応募は終了いたしました

発表形式

発表は全てPCによるプレゼンテーションとさせて頂きます。Windows Power Point 2007以上で作成したデータに限り使用できます。データはCD-RまたはUSBフラッシュメモリーにて当日PC受付までお持ちください。
解像度はXGA(1024×768)で作成してください。MacintoshのPower Point作成データの場合、ご自身のコンピューター本体をお持ち込みください(電源プラグとD-sub mini15ピンへの変換コネクタが必要な機種であればそれらの備品も必ずお持ちください)。

データ作成について

OSはWindows7以上、データはWindows Power Point 2007以上で作成してください。

動画について

合同シンポジウムは動画可としますが、Windows、Macintoshいずれでもご自身のコンピューター本体をお持ち込みください(電源プラグとD-sub mini15ピンへの変換コネクタが必要な機種であればそれらの備品も必ずお持ちください)。

公募内容

合同シンポジウム1

「消化管腫瘍の診断と治療」

司 会
藏原 晃一(松山赤十字病院 胃腸センター(消化器内科))
吉川 幸造(徳島大学病院 消化器・移植外科)

合同シンポジウム2

「肝疾患の診断と治療」

司 会
吉田  理(愛媛大学大学院 消化器・内分泌・代謝内科学)
森下 朝洋(香川大学医学部 消化器・神経内科学)

合同シンポジウム3

「胆膵疾患の診断と治療」

司 会
耕﨑 拓大(高知大学医学部 消化器内科)
岡野 圭一(香川大学医学部 消化器外科学)

医療の進歩は、全く新しい発想により開発される技術と従来法で克服できなかった問題点を解決する技術により達成されてきた。
内視鏡診断、肝炎治療、軟性内視鏡手術、鏡視下外科手術、ロボット手術など、近年の消化器領域の進歩は他の領域を凌駕する勢いである。本シンポジウムでは、実施症例数は少なくとも新たな取り組み、あるいは、従来の成績から得られた問題点に対する新たな構想あるいは取り組みを報告いただきたい。単に、従来の成績を示すのみでなく、構想段階であっても理論的背景を明確にすることで、半歩でも先を見据えた報告を期待する。

※第111回日本消化器病学会四国支部例会、第122回日本消化器内視鏡学会四国支部例会、どちらの学会からも登録できます。
※合同シンポジウムとして採用されなかった演題につきましては、一般演題としてのご発表をお願いいたします。

一般演題

研究発表あるいは興味のある症例につきまして一般演題として募集しますので、会員の先生方には奮ってのご応募をお願いします。

<演題募集要領>
合同シンポジウムおよび一般演題ともインターネット(UMIN)での公募となります。登録画面には第111回日本消化器病学会四国支部例会、第122回日本消化器内視鏡学会四国支部例会、発表ご希望の学会ボタンよりご登録ください。

[日本消化器病学会] 四国支部研修医奨励賞
研修医(医学部卒後5年以内)が筆頭発表者の演題から、例会会長が優秀演題を数題(5題程度)選考し、四国支部研修医奨励賞として賞状と奨励金を授与いたします。奮ってのご応募をお待ちしております。

■応募資格
  • 発表時に研修医(医学部卒後5年以内)であること。
  • インターネットでの演題登録の際は【講演形態】から「一般演題(初期研修医)」または「一般演題(後期研修医)」を選択し、研修医であることを明らかにしてください。

[日本消化器病学会] 本部研修医・専修医奨励賞
演題応募研修医の中から選考して、初期研修医(研修医)2名及び後期研修医(専修医)2名の合計4名を翌年の第106回日本消化器病学会総会(2020年4月23日(木)~4月25日(土)・リーガロイヤルホテル広島/ホテルメルパルク広島/NTTクレド/広島国際会議場)へ旅費交通費、宿泊費、日当、総会参加費及び学会評議員会懇親会費を学会本部負担でご招待いたします。奮って演題応募をお願いいたします。

■応募資格
  • 発表時に研修医(医学部卒後5年以内)であること。
  • インターネットでの演題登録の際は【講演形態】から「一般演題(初期研修医)」または「一般演題(後期研修医)」を選択し、研修医であることを明らかにしてください。

[日本消化器内視鏡学会] 研修医・専修医優秀演題表彰
日本消化器内視鏡学会四国支部は、消化器内視鏡分野における研修医の先生方の学術研究の発展のため、研修医・専修医優秀演題表彰を行っております。応募方法は下記のとおりですので奮ってご応募ください。

■応募資格
筆頭演者が、医学部卒後5年目までの研修医および専修医であること。
■応募方法
「講演形態」で「研修医・専修医優秀演題セッション」を選択してください。
採用されなかった場合には、一般演題としてご発表いただきますので、ご了承ください。
※各施設または各診療科から1演題までの登録とします。
 同一施設内でも診療科が異なれば各診療科から1演題まで応募は可能です。
■審査
査読の段階で、支部例会会長が研修医・専修医優秀演題を5題程度決定します。
この中で、選考委員による発表当日の審査により、日本消化器内視鏡学会奨励賞を2題決定します。
■表彰
  • 研修医・専修医優秀演題:5題(5名):賞状と副賞3万円
  • 日本消化器内視鏡学会奨励賞2名:2020年春開催の日本消化器内視鏡学会総会へ招待されます。なお、総会の学会参加費、旅費、宿泊費等は学会本部が負担します。

COI(利益相反)状態について

演題口演発表時には、消化器病学会・消化器内視鏡学会共に、利益相反(COI)状態の開示が必要になります。
日本消化器病学会:http://www.jsge.or.jp/coi/shibu_coi/
日本消化器内視鏡学会:https://www.jges.net/medical/procedure/coi

研修医・医学生・薬剤師・コメディカルの参加について

消化器病学会、消化器内視鏡学会とも研修医、医学生、薬剤師、コメディカルの本例会への参加費は無料となります。
参加予定の方は証明書(PDFファイル)をダウンロードし、必要事項をご記入の上、学会当日に総合受付へご提出ください。

消化器病学会
下記証明書をダウンロードいただき、必要事項を記入の上、学会当日、受付にご提出ください。
→医学生証明書(PDF)
→コメディカル証明書(PDF)
→研修医証明書(PDF)
→薬剤師証明書(PDF)
消化器内視鏡学会
日本消化器内視鏡学会 四国支部HPの[学術集会に出席されるコメディカル・研修医・医学生の方へ]から証明書をダウンロードいただき、必要事項を記入の上、学会当日、受付にご提出ください。
※なお薬剤師の方は下記証明書をダウンロードしてください。
→薬剤師証明書(PDF)

演題登録に関するお問合せ

〒780-0072 高知市杉井流19-2
株式会社 歳時記屋 担当:小野
電話088-882-0333 Fax088-882-0322
e-mail:office@111jsge-122jges.com